Skanda FrameworkはC#で作成されたDIコンテナとAOPをサポートする設計書一体型のオープンソースフレームワークです。

Skanda Framework は商用で利用されている無料のオープンソースフレームワークです。

簡単なデータベース更新アプリケーションなら、設計からテストまでの作業を数時間で終わらせることが出来ます。

.Net Framework と SQL SERVER の組み合わせによる BtoB、BtoC のシステム開発に導入され Windows Azure 上でも実績があり、

おそらくこの世にあるフレームワークの中で、最も少量のコード(わずか数百ステップ)でDI(Dependency Injection:依存性の注入)コンテナと

AOP(Aspect Oriented Programming:アスペクト指向プログラミング)の機能を実装しています。

フレームワークを導入した全てのプロジェクトで生産性が向上した事実があり、.Net Framework と SQL SERVER によるシステム開発において

大きな解決策になる可能性は十分にあると考え、オープンソースとして公開しました。

Java でも PHP でも Perl でも Ruby でも、そして .Net Framework であっても、プロジェクトの成功にアーキテクチャは関係ないはずです。

「狼人間を撃つ銀の弾はない」(人月の神話)と思われていたシステム開発で、あなたのプロジェクトは銀の弾を見つけられるかもしれません。

お知らせ

フレームワークの新ヴァージョン公開のお知らせ。 

2016年4月22日から.NET Framework 4.6.1に対応したSkanda Frameworkの新ヴァージョン(Version 2.1.0)を公開しました。
会員ページよりダウンロード可能になっていますので、新しいバージョンをご利用ください。
画面設計書及びビジネスロジック設計書のNSチャート図に変更がありますが、以前のヴァージョン(Version 2.0.1)の設計書も使用できます。