Skanda FrameworkはC#で作成されたDIコンテナとAOPをサポートする設計書一体型のオープンソースフレームワークです。

良くあるお問合せ

フレームワークの使用料金について

  • ウェブサイトに Skanda Framework の使用には料金が掛からないと記載されていますが、本当に無料なのでしょうか?

  • Skanda Framework を使用しても料金は一切掛かりません、また後日料金が請求されることもありません。

    サポート・サービスについて

  • Skanda Frameworkを使用するにはサポートまたはサービスを受けなくてはならないのでしょうか?

  • Skanda Frameworkを使用するためにサポートやサービスを必ず受ける必要はありません。
    但し、エンジニアによるサービスは実際の現場で行われるので、WEBサイトで学習するより、はるかに有意義な情報を得られます。
    開発の初期にはエンジニアによるサービスをお受けすることをお勧めします。

    ドキュメントの納品について

  • Skanda Projectで提供されている設計書などのドキュメントを納品物件として第三者に提供することは可能なのでしょうか?

  • Skanda Projectで提供されている設計書などのドキュメントを第三者に提供する場合は、全てのマクロを削除する必要があります。
    全てのマクロを削除したドキュメントであればSkanda Projectに未登録の第三者に提供可能です。
    Skanda Projectの会員同士であれば制約を受けることはなく、作成したドキュメントを納品物件として提供可能です。

    プロジェクトへの参加について

  • Skanda Projectに参加するには、具体的にどのようにすればよいのでしょうか?

  • Skanda Projectへの参加は自由参加という方式を取っていますので、会員登録を行って課題一覧の中から好きな課題を選択して、
    修正とテストが終わったら、対応した課題と対応内容を記載し、修正したソースコードを添付してコミッターにメールを送信するだけです。
    Skanda Projectへ参加するために意思表示などは必要ありません。
    また、課題に対応するかはご本人の自由で、対応依頼のメールが送信されることがありますが、必ず対応する必要はありません。

    ライセンス表記について

  • Skanda Frameworkを使用したアプリケーションにCopyrightの表記は必要なのでしょうか?

  • Skanda Frameworkを使用したアプリケーションの見える場所にCopyrightを表記する必要ありません。
    また、再配布物として提供する場合は、その中にライセンスファイルなどを含める必要はありません。
    但し、ソースコードの中にはCopyrightを表記してください。

    ソースコードの公開について

  • Skanda Frameworkを使用して作成したアプリケーションのソースコードは公開する必要があるのでしょうか?

  • Skanda Frameworkを使用して作成したアプリケーションのソースコードを公開する必要はありません。

    会員登録が必要な理由について

  • 会員登録はなぜ必要なのでしょうか?

  • 会員登録が必要な理由はSkanda Frameworkの不正利用を防ぐためと、情報交換の場所を提供することによって、
    会員同士のコミュニケーションを良くして、Skanda Frameworkの利用を拡大し、Skanda Projectを発展させるためです。

    会員登録の料金について

  • 会員登録をして会員ページを利用するのに料金は掛かるのでしょうか?

  • 会員登録をして会員ページを利用したとしても料金は一切掛かりません、また後日料金が請求されることもありません。

    サイトへのリンクについて

  • このサイトへのリンクを設定するのに許可は必要ですか?

  • このサイトはリンクフリーです、リンクを設定するのに許可を取る必要はありません。
    自由にリンクを設定して頂いて問題ありません。

    PC以外の端末からの使用について

  • PC以外のタブレット端末などからアクセスすると、エラーが表示されることがあります、PC以外の端末は対応していないのでしょうか?

  • サイトの特性上PC以外の端末からのアクセスには対応していません。
    またPCからのアクセスであっても、ブラウザのヴァージョンなどが古い場合にエラーが表示されることがあります。