Skanda FrameworkはC#で作成されたDIコンテナとAOPをサポートする設計書一体型のオープンソースフレームワークです。

サポート&サービス

コンサルタント紹介サービス

プロジェクトの上流工程でクライアント(エンドユーザー)の要求に対して、Skanda Framework の導入が最適なソリューションであるかを分析するために、
Skanda Project に参画しているフリーエンジニアで Skanda Framework のアーキテクチャを理解し、Skanda Framework を使用したシステム開発の経験があり、
クライアント(エンドユーザー)との折衝及び要求分析を行ったことがあるエンジニアを紹介いたします。
また、希望があれば Skanda Framework を使用した場合の、プロジェクトの最適化についてアドバイスをすることも可能です。

このサービスは常勤型と非常勤型があり、「導入サポート」が特定の要求に対してメールにて回答するのに対して、
実際の現場で上がってくるクライアント(エンドユーザー)の要求に対して、その都度コンサルティングを行います。
また、要求が特殊なものである場合はSkanda Project に参画しているフリーエンジニアによる議論の結果を回答させていただく場合もあります。

※コンサルティングの結果 Skanda Framework の導入によるメリットが少ないと判断される場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※状況によってはエンジニアを紹介できない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
コンサルタント紹介サービスに関するお問合せは、こちらからSkanda Project 事務局までメールにてお問合せください。


アーキテクト紹介サービス

プロジェクトの設計工程でシステムの要件に対して、Skanda Framework の使用に対する技術サポートを行うために、
Skanda Project に参画しているフリーエンジニアで Skanda Framework のアーキテクチャを理解し、Skanda Framework を使用したシステム設計の経験があり、
Skanda Framework を使用したアプリケーションの実装経験のあるエンジニアを紹介いたします。

このサービスは常勤型と非常勤型があり、「技術サポート」が特定の質問に対してメールにて回答するのに対して、
実際の現場で上がってくるエンジニアの質問に対して、その都度技術サポートを行います。
Skanda Framework を使用したWEBアプリケーションのセキュリティ対策はこのサービスを利用してください。
Skanda Framework オープンソースですのでソースコードを解析することが可能ですが、セキュリティ対策についてはセキュリティホールになる恐れがあるため、サポートを依頼された方に対して説明を行っています。

※設計に対するアドバイスを行うことも出来ますが、その結果を保証することは出来ませんので、あらかじめご了承ください。
※状況によってはエンジニアを紹介できない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
アーキテクト紹介サービスに関するお問合せは、こちらからSkanda Project 事務局までメールにてお問合せください。

エンジニア紹介サービス

プロジェクトの設計及び実装工程で Skanda Framework を使用したシステム設計、及び実装経験のあるエンジニアを紹介いたします。

このサービスは常勤型と非常勤型があり、常勤型の場合は実際の現場で一緒になって作業するエンジニアを紹介します。
非常勤型の場合は持ち帰りで作業可能なエンジニアを紹介いたします。

※状況によってはエンジニアを紹介できない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
エンジニア紹介サービスに関するお問合せは、こちらからSkanda Project 事務局までメールにてお問合せください。

開発チーム紹介サービス

Skanda Framework を使用したシステム開発の経験があり、システム開発を請け負うことが出来る企業、及び団体を紹介いたします。

このサービスは要件がほぼ決っていて、ロバストネス分析が済んでいることが条件になります。
依頼側と請負側でファンクションポイント法による見積の合意を行って、双方が納得した上で契約を締結することになります。
Skanda Project 事務局では双方の合意が行われるまでをサポートいたします。

※ファンクションポイント法による見積の結果、双方で合意がされない場合も有りますので、あらかじめご了承ください。
※状況によっては開発チームを紹介できない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
開発チーム紹介サービスに関するお問合せは、こちらからSkanda Project 事務局までメールにてお問合せください。

開発請負サービス

Skanda Framework を使用したシステム開発を Skanda Project に参画しているフリーエンジニアでチームを編成し、Skanda Project 事務局がシステム開発を請け負います。

このサービスは要件がほぼ決っていて、ロバストネス分析が済んでいることが条件になります。
依頼側と Skanda Project 事務局でファンクションポイント法による見積の合意を行って、双方が納得した上で契約を締結することになります。

※ファンクションポイント法による見積の結果、双方で合意がされない場合も有りますので、あらかじめご了承ください。
※状況によっては開発請負を行うことができない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
開発請負サービスに関するお問合せは、こちらからSkanda Project 事務局までメールにてお問合せください。

導入サポート

クライアント(エンドユーザー)の特定の要求に対して、Skanda Framework の導入が最適なソリューションであるかの分析を行います。
1つの要求に対して1つの回答を行う一問一答のメール形式のサポートになります。

※Skanda Project 事務局は改変されたものに対しては、回答の結果を保障いたしませんので、あらかじめご了承ください。
※状況によっては回答を行うことができない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
導入サポートに関するお問合せは、こちらからSkanda Project 事務局までメールにてお問合せください。

技術サポート

Skanda Framework の使用に対する技術的な問い合わせに対して回答を行います。
1つの質問に対して1つの回答を行う一問一答のメール形式のサポートになります。

※Skanda Project 事務局は改変されたものに対しては、回答の結果を保障いたしませんので、あらかじめご了承ください。
※状況によっては回答を行うことができない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
技術サポートに関するお問合せは、こちらからSkanda Project 事務局までメールにてお問合せください。