Skanda FrameworkはC#で作成されたDIコンテナとAOPをサポートする設計書一体型のオープンソースフレームワークです。

ソリューション

フレームワーク概要

目次

項番 タイトル 概要
はじめに フレームワークの理念が記載されています。
フレームワークの機能概要 フレームワークが持っている機能の概要が記載されています。
フレームワークの特性 フレームワークを使用した開発で効果が期待される特性の説明です。
さいごに Skanda Projectからのメッセージです。


提供ドキュメント

APIリファレンス&提供ドキュメント

  • 【APIリファレンス】
    Skanda Framework のAPIリファレンス(Doxygenによる自動生成ドキュメント)です。

  • 【ファンクションポイント計測書】
    ファンクションポイントの計測用のEXCELファイルです、必要な項目を入力するだけでワークシート関数によってファンクションポイントが自動計算されます。

  • 【ロバストネス図】
    ロバストネス図を記載するためのEXCELファイルです、ロバストネス分析に使用します。

  • 【テーブル定義書】
    SQL SERVER用のテーブル定義を記載するためのEXCELファイルです、マクロを実行するとSQLスクリプト(CREATE・INSERT・UPDATE・DELETE文等)を作成することが出来ます。

  • 【ビジネスロジック設計書】
    ビジネスロジックの詳細設計を記載するためのEXCELファイルです、マクロにより処理詳細にNSチャートを記載することが出来ます。

  • 【画面遷移図】
    WEBシステム等の画面遷移図を記載するためのEXCELファイルです。

  • 【画面設計書(WEB)】
    WEBシステム画面の詳細設計を記載するためのEXCELファイルです、マクロを実行するとフレームワークで使用する設定ファイルが出力されます。

  • 【画面設計書(WIN)】
    Windowsアプリケーション画面の詳細設計を記載するためのEXCELファイルです、マクロを実行するとフレームワークで使用する設定ファイルが出力されます。

  • 【画面設計書(WPF)】
    WPFアプリケーション画面の詳細設計を記載するためのEXCELファイルです、マクロを実行するとフレームワークで使用する設定ファイルが出力されます。

会員登録を行うと会員ページから実際のドキュメントのダウンロードが可能になります。